ライブとレコーディング

25日は、中川五郎さんと吉祥寺manda-la2 でライブ。

来てくださったみなさんどうもありがとうございました。新しい曲は一曲だけしかできなかったけど、ライブではバンドでしかやったことない曲やら、久々のやつやらできて、よかったのかなあ。

メッセージとかっていうよりも、
単純に歌を歌として届けられたらいいという思いは常にあって、

あえて最初の方にメッセージが強いものをドドドっとやって、そのあとは、わりとポップだったり、ロックだったり、優しいのだったりとか、聴いてていいな、と思えるようなものを歌えたのかな、と個人的に思う。

自分が音楽が好きなのは、踊れたりとか、口ずさめたりとか、聴いていてワクワクしたり、切なくなったり、時には奮い立たされたりするから、というのが大きい。っていうか、それが本質だと思うし、生きることに直結してると思う。その一部にメッセージソングも存在しているというだけであって、それが目的ではない。
これを歌うために、とかじゃなくて、内側からふつふつと、湧き出て来たものや、どうしょうもなく、こぼれ落ちたものや、この景色や、目に見えているものを描いてみたいという思いが、姿を変え形を変え、やがて歌や音楽になるんだと思う。それが、ラブソングであれ、メッセージソングであれ。自分の言葉と自分の音で作られたものなら。そしてそれが、裸になるってことだと思う。今回はそれを表現したいな、と思って歌ってた。

さてさてー、新しい曲をいっぱい書くぞ〜!
ほんで、作品にして届けられるよう、やっていきますぜ。楽しみにしててください。

歌った曲たち
1.Asia
2. 裸で踊れ
3. 「仕方ない。」
4. ブルースはまだ歌えない
5. あくびをひとつ
6. 無差別キッス
7. 列車はゆく
8. 東京
9. 裸電球の下で

そして、ライブを終え、四谷に向かった。アウトブレイクというライブハウスで、夜中12時から5時までレコーディングだったのだーー!

気持ちをパシッと切り替えて。

にしても、始まって仕舞えばもう、それはそれはとても面白かった。ある意味救いだった笑

6.11の「東京の地図を描く 」というイベントのエンディングテーマで3年くらい前に書いた「東京」という歌を提供させてもらうことになっていたのです。イベントは、高円寺のグリーンアップルで開催。

レコーディングでは、出演者のレクターというバンドからわたなべさん、
ベースは去年ライブで一緒に演奏したこともある、ネルマーレや、しまほっけハーフでベースを務めるとよくん。

でした。そして、イベントや音源のプロデュースをしていたのは、Office叛樂より島袋健太郎氏でした。

全員揃って一度も合わせてなかったんだけど、
最初に数回尺の確認やらをして二発目でok、予想以上のノリと速さ。。2人の力量のおかげです。

歌も一発目でok。

二回やってみたけど結局良くなかった。(笑)
そーいうもんやねー。ただ、若干ライブを1時間して、合わせてからの歌どりで声に疲労もあったなぁ、悔しい。

結局録音は歌まで含めて2時間くらいで終わったのかな?3時には終わってたな。そこから、ミックスとマスタリングをして、4時にはすべての作業が終了でした。

もともと、ポップでどんどん展開していく、キラキラした曲を作ろうと思って作った曲なので、そのイメージを忠実に再現できた、自分の描いていたイメージ通り、そしてそれ以上のものになったと思います。サビのメロディーそのままの、リフもちゃんと生きた。シャッフルのリズムもいい感じになったなあ。。

渋いイメージで辻村マリナを記憶している人には、ちょっと驚きの作品だと思うんだけどなあ。こういう曲も、書けるんですよー、とだけ。言っておく。笑

6.11 の、イベント会場の高円寺グリーンアップルにて、この音源もリリースいたします。ぜひ、買いにきてください!その日は、物販タイムにライブもします。

是非遊びにいらしてください。

ーーーーーーーーーーーー

p.s. 誤解を招く表現があったので、一部削除しました。

広告
カテゴリー: LIVE

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中