手放すことと掴み取ることはどっちが難しいのだろうか

陸上をテレビでチラ見。
中学生の頃陸上をやっていた。
そのころから、トップアスリートで、スターだった選手が、今も現役で、世界選手権の出場権をかけてそこに合わせて、全力出して戦っているのを見て、ほんとに、すごいなぁと思ってしまった。

常にトップレベルを維持するって一体どれだけ大変なんだろうか。続けることが、きっとなにより大変だ。没頭しているときは、そんなこと思いもしないかもしれないけど、長くなればなるほど、、アップダウンもあるんだろうな。ましてや数字にハッキリあらわれる世界。。。
でも、たまには全速力で走りたい。電車に駆け込む程度じゃなくて、Tシャツの中を風がビュンビュン踊るくらいに。

自分が陸上をやったのはたった3年だけですが。
その間でも、当時の自分を知る友達がいうには、ドン引きするくらい、”マジ”になってやっていたらしく、学校の練習じゃ物足りないからと、正月明けすぐとか、土日とか、学校帰りに勝手に府中の競技場に友達数人と一緒に、練習をしに行っていた。

当時そこでは、一般の人や大学生も練習していたため、そこのコーチが教えてくれたりとか、いろんな人の練習を見よう見まねで盗み取っていた。

この前久々にその友達に会った時に、私に競技場に連れてかれた、というようなことを言われ、私の中ではてっきりみんな私と同じくらい練習したいもんだと思っていたのだけど、それぞれに、差はあるようだった。(笑)没頭していると、気づかないのだ。。

それは、きっと何にでも言えることで、恋も友情も、あらゆる人間関係もそうだし、手放した途端見えてくることがある。

でも、執着や囚われなのか、それとも愛情なのかって、当事者にはなかなかわからないことだよな、と思う。

わたしも、にんげん、まだまだだと思う。

陸上からこんなに話が飛躍するとは。

火曜日は高円寺でライブ。
ぜひ来てください。

IMG_3638

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中