Phil Ochs のWhen I’m Gone YouTubeにアップ

Phil Ochsの、When I’m Gone

のカバーを、YouTubeにアップしました。

Phil Ochsを知ったのは、ナミさん(南正人さん)のライブでした。

Changes というとても美しい曲をカバーしていて、(しかももちろん歌詞も見ず。いったい頭の中に何千曲入ってるんや!といつも思う。しかもキーもオリジナル曲からカバーまでその時々の雰囲気やノリで、やるたんびに変えているので、多分宇宙人なんだと思う。)こんな曲あるのかーという驚きと、詩が美しいなあという思いと。そんなこともあって、頭から離れない曲でした。詩は結構難解なのだけど。

何度目かのライブでは、詩を自分で訳したものを読んでからこの曲を歌っていて、さらにいい曲だなあと思ったのでした。

その後アルバムを聴いてみたところ、いろんな曲があったのですが、わりとダークな曲も多かった。そんななか、とてもシンプルで明るい雰囲気で詩は結構すごいこと歌っているこの曲を発見し、カバーすることにしました。

このまえのワンマンライブでは、自分でこの詩を訳したものを朗読してから歌ってみた。

日本語に訳して歌って、より良くなるものとそうで無いものとがあると思う。(ただのよくある日本のフォークソングみたいになっちゃったりして。)

Phil Ochsは後者だと私は思っていて、曲の美しさに英語の響きの良さが拍車をかけている感じがするので、そんな風にしてみた。っていうか、日本語に訳して歌うとなると、このメロディーには収まりきらない。日本語は言葉数が多い言語だ。。。英語がいつも羨ましい。。。でもそこで格闘するのも楽しい。

てなわけで、

また寝る前などにどうぞ。

寝つきが良くなるか悪くなるかは神のみぞ知る。。。

ちなみに、Phil Ochsは、30代前半?くらいに自殺してしまっている。彼の才能にはディランも嫉妬していたという噂がある。(ディランよりずーっとカッコいいし歌もうまいし声も素敵、だと私は思う。。笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中