人間模様

大宮生まれなわけですが、

小1くらいからはほぼほぼ東京で過ごしたようなもんなので、知り合いとかそんなにいるわけでもなく、これといった強い思い入れがある街でもないのですが、

久々に、そもそもあんまり歩いたことない南銀座通りを歩いた。

ちなみにこの前ニュースにもなってた大宮の火事は北銀座通りの方なのでそれとは反対側にのびる道だ。

(路地から親子3人が出てきた。自分が立ってる所より後ろは、ホテルだらけ。)

どこにでもある歓楽街っぽいんだけど、なんていうか、違うんです。

隣の浦和や、宮原、上尾、北浦和などには、割とちゃんとした音楽ができるお店があるけど、大宮はこれだけ長いこと歓楽街であり続けながら(戦後の闇市からスタート)しかもものすごい数のお店があるのに、いまはそういうの1つもない。昔はフリークスとかいうライブハウスがあったらしいけど自分が生まれるより前に閉店している。

上野にもいくつも音楽のお店はあるし、横浜の方だと伊勢佐木町とかは歓楽街の中に音楽の店が結構あったなあ。でも大宮には知る限りではない。南銀座通りに詳しい人たちに聞いてもやっぱりないという。そういえば映画館も、全部無くなってしまった。

良くも悪くもそういうのを必要としていない街なのです。たぶん。単純に要らないんだな、と思う。横のつながりもなんだか強いし、再開発も進まないし駅前なのにありえないくらい古い民家がポツンとあったりとか、いろいろ縦の繋がりや、しがらみも強いんだろうなあという感じもする。自由さはない。でも、商売になるならなんでもいいや、的な感じはあって、国籍とかは結構多国籍な感じはする。笑

たまに美味しいお店もあったりもする。

改めて歩いて、そんな感じがしたなー。

文化だとかカルチャーだとか開発とかってよりも、人間模様でしかない。以上でも以下でもない、、、。笑 要するに単に田舎なのかな!笑

普通に普通のライブができるお店とかたぶんあと300年くらいはできないな、と、少しだけ愛をこめつつ、宣言。

興味がある人は行ってみてください。ほんと、時が止まったような感じするよ。(こんなこと書いたら大宮の人に怒られるかな、でも自分も大宮の人なので許して笑)

話は変わり、

楽譜。書いてます。レコーディング準備佳境に入ってます。

五線紙なんて普段使わないのですが、むかーし買ったやつを引っ張り出してきたよ。

あー、とってもシンプルな曲だなー。笑

ちなみにこれはコードを4つか5つ使ってますが3つしか使ってない曲もあります。

だいたいそういう曲は、突如誰かと一緒にやろうってなった時などに、やったりします。笑

言葉が通じなくてもできるので、海外などでは特に便利です。

ちなみにこれは、わたしがいつも五線紙の代わりに書いている楽譜の書き方。笑

四小節ぶんね。わかりやすいなあー。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中