ミックス作業

お正月にレコーディングした、吉祥寺 gok sound にて、いよいよミックス作業!

でした。今日は二曲のみやってきました。

明日は、たくさんやります。

ここからかなり印象が変わる。と、いっても自分とタヒさん以外ほぼラフミックスの音源を聴いていないので、何が変わったか、なんて誰にもわからないでしょう、、!(笑)

しかし、とっても大事な作業だなぁーと今日思いました。

瞬発的な集中力は割と得意なのだけど、持久的な集中力を保つのは苦手な方なので、明日はチョコレートたくさん持って行こう。笑

あ、あと髪を切りました。

一昨年くらいまで2年くらい髪の毛切らなかったんだけど、去年突如短くしてから、もっと短くしたい!と、突発的た思ってしまう病にかかってます。

今回も短くしました。でもあんまりしっくりきてない。

だから、明日は帽子をかぶって誤魔化します。

———

チェコスロバキアの、ダグマー・アンドルトバの、アルバム。つ、ついに、、!!!

gok の近藤さんが、見つけたそうで、貸していただいただけることに。

どんなアルバムなのだろうか。

楽しみ。まだ、YouTubeも見てない。先入観なし。予備知識も僅か。こういう自分にとって全くの新しいモノに出会える瞬間は大事。歳を重ねると、そういうまっさらな感動が訪れる頻度は、どうしたって減ってゆくかもしれないから。

———

あ、せっかくなので写真を。

ここに、テープがクルクルーっとなっていく。日立の、maxellのテープ。アメリカのテープは、時が経つとベタベタしてしまうことがあるらしいけれど、これは無いんだそうな。

STUDERというマシーンでござる。

これは、カミソリの刃でござる。

これで、物理的にテープを切るのだ。

すごい。ちょー、物理的でわかりやすい。

ちなみに、LPはこのマシーンで作れる。(詳しいことがわからないので、この言い方でいいのかわからないけど。)

というか、当時のLPを作っていたやり方、ということなのかな。

最近レコードがリバイバル的な感じでLPのリリースが流行っていたりするけど、媒体のみレコードで、その実中身はデジタルの音源が落とされてることが多い。でもこれは違くて、このマスターテープがそのまんまデジタルを介さずに、LPになるということなのだー。

そんなわけで自分も今回、CDにするために録音したものをデジタルに変換したものと、このテープに残すものとで、2つ残しています。だから、LPも作ろうと思えば、作れる!しかも、正真正銘のアナログ盤だー。。。

というわけで、徐々に徐々に完成に近づいています。

楽しい。

いっぱい曲を作ってきてよかったなー、と思う。

明日もがんばりまーす。

あ、クルクルしているところのムービーも。笑

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中