つながり

SNS って不自然だよなあと思う。

何かがあってそう思ったわけじゃない。

Facebook を始めたのは、高校1年だから、15歳のときだった。多分自分の周りの人たちよりちょっと早い。

カナダ人のはとこが初めて日本にやって来て、一緒に原宿で遊んだのがきっかけだ。

別れ際に、アドレスを交換しようと言ったら、Facebookでいいじゃん、と言われた。

Facebookが何か知らなかったので、何それ。というと、え、知らないの?と言われた。

全然知らなかったし、もちろん時代はまだガラケーが主流だし、メモ帳に名前を書いてもらって、Facebookで探す、と書いたのを覚えている。

そのあと家に帰って登録をした。

もうすでにアメリカとかカナダではたくさんの人が使っていて、知らない人はいないらしかった。

自分の周りには使ってる人はいなかったし、まだ、mixiとかリアルタイムとかがメインで(やってなかったけど)繋がる相手がいないので、はとこの投稿しか見えないFacebookだった。知らないカナダ人しか出てこなくて面白くないから(笑)、結局卒業するまで、ごくたまにしか開かなかったし、自分で投稿もしなかった。何をあげればいいのかわからなかったから。

プロフィール写真には、セルフィーではなく友達と撮ったプリクラを設定した。

それからもうすぐ10年だ。

さっき見てみたら「友達」は1200人を超えていた。

うげぇー、1200人だってよ、信じられない。

歌を歌ってなかったら、というかこのDIYスタイルの、なんでも自分でやらないと、転がらない世界で生きていなければ、とっくのとうにやめてたと思う。笑

10年を振り返って、自分にとって決定的な出来事、大事なこと、を思った時に、そのどれもがFacebookには載っていないな、と思う。というか載せたくないな、と思う。

そうなると、あれはまがいもの、いやそこまで言い切れないけれど、自分自身からものすごく大事なことを差し引いたもの、ということになる。もしくは、人に見せたい自分、か。そんなことを思うと、ますます一歩も二歩も引いてしまう。(その代わり、大事なこと は、姿形を変えて、私の場合は歌になったりならなかったりした。)

ここ一年くらいは人の投稿もあんまり見ていない。Twitterもそうだ。独り言をこぼしてばっかりだ。(笑)

インスタもやってるけど、1ヶ月に一回ひらけばいい方だ。

よくよく考えたら、中学の時も高校の時も、リアルタイムとか、前略プロフとか、アメブロとか、mixiとかやってなかった。

それよりは、外で走ってばっかりいたし、その時期が去ると、今度は音楽を聴き漁りまくっていたじゃないか。

いやそんなことはどうでもいい、、!

なんかね、この妙な繋がってんのか、繋がってないのか、わけわかんない感じ、ちょー不自然じゃない。

だってそもそも、小中高の同級生なんて、卒業したら、よくて年に一回連絡取り合えれば、会えればいい方なんじゃないのかな、snsなんてのが生まれる前は。

卒業したら、属すコミュニティも大きく変わるし、人間的にも変わっていくのに、いつまでもなんとなーくSNSでぼんやり繋がってる感じが如何にもこうにも耐え難い。(卒業してから仲良くなった人もいるけれど)

ぜんぜんひとのことなんか思ってもないんだけど、うっすら相互監視しているようで、繋がり、だなんて綺麗な言葉で誤魔化しちゃいけない。全くもって不自然な関係性。そう思う。

幸運なのは、FacebookやTwitterやラインが、中学、高校時代に登場しなかったこと。

いまの中学生高校生は、本当に大変だと思う。自分がもしもそうなっていたら、スマホを放り投げるか、メンドくさいから学校なんてやめてやる!ってなってたかもしれない。当時でさえメールが返ってこない、とか、返事が遅いとか言われてた。メールを打つという行為が、かったるすぎて、次の日に口頭で返事してたくらいだったから。

。。。

会った時に、昔の思い出話しか話すことが無い相手とは、年に一回の忘年会で会うくらいがちょうどいい。会いすぎると今度は、話す内容が、人のどうでもいい噂話か、エスカレートして悪口や愚痴になる。特に女性に顕著。経験済み。

その代わりに、これから先のこと、未来のこと、一緒にやってみたいこと、夢、いま現在のこと、そんなことを話し合える友人と多くの時間を過ごすことが大事だなと思う。

そんな相手がパッと思い浮かばなかったら、そんな友人を作る努力を。努力といっても、ネットで出会いを探すとかじゃなくて、自分自身を曝け出すこと、が1番の方法かもしれない。

いつだってこれから先のことは変えていける。ちょっとさみしくても、過去に寄りかかってちゃ、つまらないし、もっとさみしい。

失敗も多いけど、曲がりなりにも、そうやってここまで進んできたつもりではいる。

だからこそ、友達1200人、なんて妙な数値化されると違和感がやっぱり大きい。私にとっては 0.01 くらいのカウントが丁度良い「友達」もいるし、7.5 くらいの存在感の「友達」もいるのだから。みんなそうでしょ?断線気味の相手もいれば、光ファイバーで繋がってる相手もいる。

大事なことは、手のひらサイズの画面の中にはそんなにない。

、、、

なんか、久々にインスタとFacebookをじっくり見て、思ったことを書いて見ました。本質はいつだって変わらないよね。

と、思いながら、これまで通りFacebookページもアカウントも使ってゆきます。

特に今年からは個人アカウントではなく、アーティストページがメインになると思うので、イイね!してもらえたら、それを読めるようになるのでよろしくおねがいします。

(笑)

p.s.

あっ、明日は、いよいよアルバムの、ミックスとマスタリングです。(各楽器の音量、位置、エフェクトの具合とか、音の感じとか、雰囲気とか、を整えることなど)

ここからガラッと変わるので、ここからが地味だけど無茶苦茶大事な作業です。がんばるぞぉー。

広告

つながり” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中